2018.01.17 Wednesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.03.30 Thursday

    英検1級単語、本当にたくさん出てくる!"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】

    0

      JUGEMテーマ:英検1級合格めざせ!

      おはようございます。Lydiaです。

       

      さっそくですが、私のお気に入りの、子供向けの小説、"The Fourteenth Goldfish"。何度かブログ記事でご紹介しています。例えば、"英検1級合格までにやったこと。"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】"では、私なりのお気に入りの洋書の楽しみ方(ペーパーバック、audiobook、Kindle版それぞれ)なども書きました。↓

      --------------

      ■Lydiaの英検1級&英語上級者になる方法。お気に入り洋書"The Fourteenth Goldfish"の楽しみ方

       

      ペーパーバック:お風呂の中で読む / 分からない単語にマーカーを引く / 調べた単語の意味を下の余白に書く / 調べた発音記号を上の余白に書く

      audiobook  :audiobookを聞きながら、ペーパーバックを同時に読む / コピーする / シャドーイングする / 聞き流す

      Kindle版   :内蔵ライト利用で、寝る前にベッドの中で読む

       

      それにプラスして、こちらも以前から触れていますが、"The Fourteenth Goldfish"を読んでいて、小説内で見つけた、英検1級レベルの単語チェック、も今も続けています。ということで、"パス単"1級&準1級掲載単語リスト"を更新します(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

       

      最近は、さらにプラスして、"The Fourteenth Goldfish"の日本語版も購入して、英語版を読んで訳してみて、日本語版と照らし合わせてみる、ということもやっています。1日約10分だけですが。これが面白い!

      辞書などですぐに見つけられないイディオムなど英語表現や日本との文化の違いで分かりづらかった内容、また、勘違いして理解していたところなどが読み比べるほどに浮き彫りになります。

       

      もちろん日本語訳として、省略したり付け加えたりしている部分もありますが、そういった部分も、「ほほう、こう来たか」と思ったり。楽しめます。

       

      こう考えると、"The Fourteenth Goldfish"には本当にお世話になってますね。英検1級レベルの単語はかなりたくさん出てくるし、自習もたくさんしたし、Skypeの英語レッスン、DMM英会話でもこの本を題材に先生とレッスンを重ねたし、その後、今また自習で日本語訳と比べていろいろと確認しているし。暇があれば、"The Fourteenth Goldfish"のオーディオブックを聞いているし。シャドーイングというか、コピーイングを何気なくしているし。

       

      それでもまだ全然パーフェクトからは程遠い内容の理解度・・・。やっぱり私のベース能力が足りないというか、詰めが甘いというか、適当というか・・・。でも、英語で楽しいことって少ない(というか、私にとっては、ほとんどない)ので、この小説との出会いは、本当にラッキーだし、本気で楽しんでます!

       

      ペーパーバック、Kindle版、オーディオブック、日本語版と4種類の違った形で、"The Fourteenth Goldfish"を入手しましたが、しっかり元取れてる!と思います。オーディオブックを視聴して、ナレーターの声が可愛かったから購入した、という、単なる感覚的なキカッケで買った小説でしたけれど。今では、本当のお気に入り!です。

       

      って、本当にこの本ばかりブログで紹介していますしね。^^;

       

      また、機会があれば、Skype英語レッスン、DMM英会話で、どうこの本を活用したかも書いてみたいと思います。

       

      では最後にもう一度。こちら、"The Fourteenth Goldfish"をはじめとして小説の中などで見つけた、英検1級レベルの単語をチェックしたリスト。良かったら見てみてください。↓

       

      "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら


       

      ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

      にほんブログ村 英語ブログへ
      にほんブログ村

      2016.11.27 Sunday

      英検1級合格後、今も復習し続けている単語教材。CD付 英検1級 文で覚える単熟語

      0

        おはようございます。Lydiaです。

         

        今日は、"CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)"、通称"文単"について書いてみたいと思います。先日、英単語仲間(とお呼びしてよいかな?)の英語乙女さんが、文単のCDは使用についておっしゃっていらしたので。そういえば、Lydiaは、あまり文単について、触れてなかったなぁ、と思って。

         

        これまで、文単については、"英検1級合格のために。もし今揃えるとしたら、どの教材か、ピックアップ"で、下記の記載をしました。↓

        ■英検1級合格のために。もし今、Lydiaが揃えるとしたら、どの教材か、ピックアップ【基本編】

        →単語集が増えて負担が多くなるが、"パス単"などで覚えた単語の相乗効果や、本教材の音源を活用してのリスニング向上など、総合的に考えて必要な1冊。

         

        また、以前の記事、"英検1級合格後にいただいた質問を"英検1級Q&A"としてまとめていきます。"にチラッと"パス単"1級の学習方法と抱き合わせのような形で少しだけ触れました。↓

         

        Q:"パス単"1級は、単語の羅列で覚えにくいんだけど?

         

        A:この手の単語帳は、単語の羅列で覚えにくいように思いますが、英検1級によく出る単語が集まっているので、合格するためには、"パス単"1級に取り組むのが効率的です。でも、どうしても、という場合は、英検1級文で覚える単熟語 テーマ別、通称"文単"1級の購入をおススメします。

         

        "文単"1級の1冊だけでは合格するには不足しているとは思いますが、文で覚える形式で、"パス単"1級に掲載されている単語が重複しているので、相乗効果が見込めます。"パス単"1級だけで覚えられなかったものが、"文単"1級を併用したことで覚えられる、その逆もあり、です。ただし、"パス単"1級の他に教材をもう1冊買う、わけですから、当然、全体として取り組む内容は単純に、増えます。実際、Lydiaは両方やりましたので、両立できるとは思いますが、念のため。

         

        以前は、文単への取り組みは、1日に10記事とか、音源を聞きながら、黙読したり、音読したりしていました。復習も、前日の10記事分をチェックしてから、当日の10記事に進む、という感じで、1日ずつ範囲をかぶせたりしながら、先に進んでいく方法を取っていました。なぜなら、できる限り多くの記事に触れて、英検1級テイスト(?)に慣れたかったからです。

         

        というように、前は、"朝起きた、じゃぁ勉強"、というような感じで、何も考えないでも、文単10記事、という感じで、強引に学習を進めていました。ただ、今は、10記事も読むモチベーションが全くなくなってしまったので、下記のように行なっています。(本の詳しい内容は、Amazonなどでご覧ください。)

        ---------------

        ■Lydiaの英検1級合格後、今も復習し続けている教材とその方法。

        教材:CD付 英検1級 文で覚える単熟語 三訂版 (旺文社英検書)

        貢献:70%

        現在:60%は理解できているはず

        購入:2016年2月8日

        期間:2016年2月8日〜2016年11月19日現在まで

         

        理由:音源付きで学べるから便利。リスニングの過去問記事も入っているので、リスニング学習にも、リーディングとしては、少し簡単にはなると思うけれど、それを音源だけで、理解するところまで持っていけたら力になる。

         

        方法:1日1トピックに取り組む。音源を聞きながら、記事を読み、内容を把握する。と同時に、分からない単語などに、印(○)を付ける。→サイトラ(日本語訳などの書き込みがない状態の英文を元にサイトトランスレーション)をして、分からなかったり、あやふやな単語や表現をあぶり出して、印をつける。→音読しながら、赤字の単語部分のみでいいので、パラフレーズをする(2ページ後に該当単語の言い換えなどが掲載されているので、そちらで合っているかなどチェックする)→英語でサマリーを言ってみたり、意見を言ってみたりする(難しい表現はそのままテキストから拾えばよい)*この繰り返しの中で、分からない単語などを覚えていき、不明点として付けた印(○)を潰していく。

         

        感想:音源付きで学べるのは、単に長文を読むのと違い、飽きにくい。

         

        恩恵:英検1級合格に向けて、私に取っては難しかったが、一般に言えば、難しすぎず、簡単すぎず、の比較的手の届く内容で、総合的な学習(4技能:読む・書く・聞く・話す)を絡めて、英語力向上が狙える。

         

        復習:現在は、1日20分以内のみ。

         

        目標:音源を聞きながら、記事を読み、日本語でイメージできる。

        ---------------

         

        いかがでしょうか。本当に音源があるのが、とってもいいと思います。"パス単"1級との相乗効果ももちろんあるだろうし。英作文、エッセイライティングのネタ、というか、資料というようにも使えました。例えば、ナノテクノロジーの記事などは、内容を参考にすることができました。もう20周以上しているように思いますが、それでもまだ穴だらけ、です。全部で79記事含まれているので、頑張って進めても、2周目に入る時には、いい感じに単語などを忘れて、いい感じに"試されてる"感があります。記事もバラエティーに富んでいるので、そんなには飽きないし。単語集はいろいろありますけれど、"パス単"1級とセットで、ということであれば、文単を利用しての総合学習は、なかなかオススメ、だと考えています。

         

        ちなみに、Lydiaは、文単の準1級バージョンも持っています。でも、なぜか準1級の内容は、少しも面白く思えませんでした。準1級レベルを抑えるのは、"パス単"準1級だけでいいや、と思いました。準1級バージョンも、私にとって簡単ではありませんでしたし、今でもたぶん簡単じゃないと思いますが、つまらないと感じているのに、何冊も手を出して、頭に入らないんじゃしょうがない、と思って、本棚行き、となりました。

         

        英検1級合格後に、準1級バージョンももう一度見直そうかな、と1度か2度、手にとりましたが・・・。受かっているのにまた下の級から、と思うからか、モチベーションがやはり全く上がらず、永久本棚へ、となりました。

         

        ですので、内容をご覧になって、楽しそう、あ、読める、というぐらいであれば、取り組んでも無駄に決してならない、と思います。興味がなければ、1級バージョンだけに絞ってしまいましょう。

         

        では、よい日曜日をお過ごしください。

         

        ---------------

        *上記、各項目の意味

        教材:教材名

        貢献:英検1級合格への貢献度

        現在:現時点での教材の制覇具合

        購入:購入時期

        期間:取組み期間

        理由:取り組んだ理由

        方法:取り組み方

        感想:取り組んだ感想

        恩恵:特筆したいメリット

        復習:現在の復習方法

        目標:今後の目標

        ---------------

         

        ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

        にほんブログ村 英語ブログへ
        にほんブログ村

        2016.11.19 Saturday

        英検1級合格後、今も復習し続けている単語教材。英検1級語彙・イディオム問題500など

        0

          こんにちは。Lydiaです。

           

          今日、iPhone7を今さらながら手に入れました。これまで使っていたのはiPhone4S。64GBだったのですが、データがいっぱいで、OSのアップデートができない、アプリ1つもダウンロードできない、写真も撮れない、という半死状態でした。なので、機種変更する気もなかったのですが、止むを得ず。iPhone4Sって、めっちゃ古い、古代モデルって気がしていましたが、発売されたのって約5年前なんですね。水没させて2回購入したので、iPhon4Sへの思い入れは強かったのですが・・・。ついにサヨナラしました。B'bye.

           

          さて、今日は、今でも復習し続けている単語教材について、もう少し書いてみます。

           

          先日、"英検1級合格のために。もし今揃えるとしたら、どの教材か、ピックアップ"という記事を書きました。その中で、英検1級語彙・イディオム問題500と準1級のこの教材を紹介しました。こちらは、出版されたのがだいぶ古いということで、最新の出題傾向とは全く言えませんが、それでも、Lydiaは実施しました。主な理由は、下記にあるように、心が折れにくい教材だから。

          ■英検1級合格のために。もし今、Lydiaが揃えるとしたら、どの教材か、ピックアップ【基本編】

           

          ・英検1級単語対策

          →急に"パス単"1級に取り組み始めると、心が折れそうになるから、必須ではないと思うけれど、これからやってみる。しかも、準1級から。問題形式だと、単なる単語集よりかは、少しは記憶に残りやすい。つまり、挫折しにくい。

          →上と同じく。これは1級。やはり問題形式は、単語集に比べたら、少しは記憶に残りやすい。


          英検1級合格後、比較的すぐ後の頃の学習方法については、"英検1級合格までにやったこと。英検1級でる順パス単。単語暗記の工夫"の記事にも詳しく書いています。

           

          今は、それからまた変えまして、下記のように行なっています。(本の詳しい内容は、Amazonなどでご覧ください。)

          ---------------

          ■Lydiaの英検1級合格後、今も復習し続けている教材とその方法。

          教材:英検1級語彙・イディオム問題500 (英検分野別ターゲット) 

          貢献:60%

          現在:90%は正解できるはず

          購入:不明

          期間:不明〜2016年8月1日現在まで

           

          理由:せっかく覚えたのに、完全に忘れてしまった、という絶望状態を避けたい。今のレベルの私は、この"忘れないようにする作業"がまだ必要だから。

           

          方法:以前行なった、<問題を解く→ミスに印をつける→ミスを覚えつつ何周も解く>の基本セットがベース。ミスのみ設問を音読。空欄は、選択肢をとりあえずは見ずに想像する。想像できなければ、選択肢を見てもOK。音読時、日本語でも意味をイメージする。

           

          感想:復習としての負荷は低い。それに英検1級レベルのセンテンスを読むのに慣れる、という意味でよい感じ。

           

          恩恵:解説部分がその単語への理解を深めてくれるのに役立つ。ただし、解説などは気になるところのみの取組み。

           

          復習:他の教材とまぜて順番に、ミスの部分のみ1日5分。<1級500→準1級500→金フレ(TOEICの超定番単語帳)>

           

          目標:覚えたものを忘れない。語の意味をしっかり取れるようにしたい。(オリジナル模擬テストは実施予定なし。)

          ---------------

           

          こうやって、同じ単語帳でも、取り組み方をいろいろと変えながら、付き合っていくと、新しい発見があったりします。やっぱり、問題集や単語集は、「やった気」になって、ハイ、サヨナラ、ではなく、飽きない限り、というか、飽きないように、やり方を変えたりしながら、長く付き合っていきたいですね。そうすると愛着が湧いて、もう少し頑張ろうかな、という気になります。

           

          どんどん新しい単語帳を買ったりして、どんどん覚えられればそれは素晴らしいですが、これも覚えられなかった、あれも覚えられなかった・・・という感じで、覚えられなかった単語帳ばかりが溜まっていくのは、精神衛生上、よくないし、覚えてないんじゃ、しょうがないですよね。ですので、覚えきれていない単語帳は、ぜひ取り組む方を変えながらでも、付き合ってあげるとよいと思います。

           

          では、よい週末をお過ごしください。

           

          ---------------

          *上記、各項目の意味

          教材:教材名

          貢献:英検1級合格への貢献度

          現在:現時点での教材の制覇具合

          購入:購入時期

          期間:取組み期間

          理由:取り組んだ理由

          方法:取り組み方

          感想:取り組んだ感想

          恩恵:特筆したいメリット

          復習:現在の復習方法

          目標:今後の目標

          ---------------

           

          ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

          にほんブログ村 英語ブログへ
          にほんブログ村

           

          2016.11.13 Sunday

          英検1級レベル単語たくさん。"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】

          0

            JUGEMテーマ:英検1級合格めざせ!

            おはようございます。Lydiaです。

             

            さっそくですが、以前、子供向けの小説、"The Fourteenth Goldfish"をブログ記事"英検1級合格までにやったこと。"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】"で、ご紹介しました。また、そこに私なりのお気に入りの洋書の楽しみ方(ペーパーバック、audiobook、Kindle版それぞれ)なども書きました。↓

            --------------

            ■Lydiaの英検1級&英語上級者になる方法。お気に入り洋書"The Fourteenth Goldfish"の楽しみ方

             

            ペーパーバック:お風呂の中で読む / 分からない単語にマーカーを引く / 調べた単語の意味を下の余白に書く / 調べた発音記号を上の余白に書く

            audiobook  :audiobookを聞きながら、ペーパーバックを同時に読む / コピーする / シャドーイングする / 聞き流す

            Kindle版   :内蔵ライト利用で、寝る前にベッドの中で読む

            上記の中で、最近ではaudiobookのコピーをよくやっています。audiobookの音源を聞きながら、ペーパーバックを同時に読むコピー。そしてその練習の模様を試しに、TwitCastingのアカウントを作って流してみたりもしました。何となくテスト的に。でもTwitCastingを見ている方、聞いている方にとっては、面白くも何ともないな、と思ったので、また気が向いたらフラッとやると思いますが、ここでは特別に公開(?)はしないかな。

             

            それから、もう1つの楽しみ方として、"The Fourteenth Goldfish"を読んでいて、小説内で見つけた、英検1級レベルの単語を少しずつチェックしています。8月から始めているので、凄く遅いペースですが・・・。そこで今朝はまた、"パス単"1級&準1級掲載単語リストを更新します(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

             

            "The Fourteenth Goldfish"からの"パス単"1級&準1級掲載単語チェック、はまだまだ続くので、これからまた更新し次第、ブログ記事にてお知らせしますね。

             

            "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら

             

            では、今日は日曜日。Lydiaは、英会話サークルに行こうと思います。みなさま、よい週末をお過ごしください。

             

            ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

            にほんブログ村 英語ブログへ
            にほんブログ村

            2016.11.10 Thursday

            "パス単"1級&準1級掲載単語リスト、以外の語。Taylor Swiftインタビュー

            0

              おはようございます。Lydiaです。

               

              昨日のブログで、下記のようにご案内させていただきました。それから、"パス単"1級&準1級には恐らく掲載されていないけれど、私が一旦調べてみた単語リストを発見しました。

              さっそくですが、アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオネットワークNPR musicの2014年に行われたTaylor Swiftのインタビュー、"'Anything That Connects': A Conversation With Taylor Swift"から、"パス単" 1級&準1級掲載単語をピックアップして、いつものリスト"パス単"1級&準1級掲載単語リスト"を更新しました(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

               

              インタビューのスクリプトはウェブで確認できます。この原稿をロングバージョンとすると、8分51秒のショートバージョンの音声がインタビューページのPC版であれば、左側「Download」をクリックすると聴けます。つまり、ロングバージョンのインタビュースクリプトから、かいつまんだものが音源で聴けます。ロングバージョンの音源も聴けるはずなのですが、私のPCが壊れているのか確認できませんでしたので、気になったらお手数ですがご自身でチェックしてみてください。

               

              今日はその、"パス単"1級&準1級には恐らく掲載されていないけれど、私が一旦調べてみた単語リスト、をせっかくなので下にご案内します。

               

              ---------------

              ■Lydiaが調べたインタビューに出ていた単語(主に"パス単"1級&準1級掲載単語ではないもの)

              go platinum:ミリオンセラーになる、100万枚[部]売れる

              shy of:不足して

              hater:憎む人、ひどく嫌う人

              take back:元に戻す/〔言葉などを〕取り消す/〔昔を〕思い起こさせる、回想させる

              get under somuone's skin:(人)をひどく怒らせる、(人)をイライラさせる、(人)を悩ませる

              bear on:〔重い物が〕〜にのしかかる、〜を圧迫する/〜に影響する

              middle school:中学校

              fantasy:〔自由奔放な〕想像、空想

              dynamics:《物理》動力学/〔複雑な系を特徴付ける〕動態/〔社会的・精神的な動きや変化の〕原動力

              insecure:不安な、安全でない、心もとない、精神的に不安定な、臆病な、心細い、不確かな

              distract someone from:(人)の気持ちを〜から反らせる/〔気を散らして〕(人)に〜させない

              distract:(人)の気を散らす、(人)の心をかき乱す[紛らす・迷わす]、(人)の気持ちを動転させる

              negativity:後ろ向きなこと、消極性

              throw ~ into:〜を…に投げ入れる[放り込む]

              at some point:ある時点で、いつか、ある時期に

              necessarily:必ずしも〜でない、あながち〜とはいえない◆否定文で/やむを得ず、必ず、どうしても

              look back on:〔過去の出来事などを〕回想[追想]する、振り返る

              realism:現実主義

              ever after:その後ずっと

              struggle:〔課題や困難などに〕取り組む、悪戦苦闘する

              impressionable:感じやすい、感受性の強い、影響を受けやすい

              set of:《a 〜》一組の、ひとそろいの、一連の、〜一式

              wonder:【自動】知りたいと思う、疑問に思う/【他動】〜かどうかと思う、〜を知りたいと思

              minimize:〜を最小限(度)にする、最小[極小]化する/〔〜の重要性や価値などを〕最小限に評価する

              turn someone away from:〜から(人)を引き離す

              passionate about:《be 〜》〜に夢中[熱心・一生懸命]である

              self-esteem:自尊心、自負心、自己尊重

              scroll:【自動】《コ》スクロールする/【他動】〜を巻く、スクロールする

              readily:すぐに、早速、直ちに、敏速に、にわかに/容易に、簡単に、手軽に、たやすく/快く、喜んで

              edgy:〔考え方・スタイルなどが流行の〕先端を行く、先端的な

              imaginative:想像力に富んだ、想像にふける

              quick-witted:機転の利く、頭の回転が速い、機知に富む、頭の鋭い、飲み込みの早い、勘[悟り]がいい

              feminism:フェミニズム、女性解放[男女同権]論[主義]

              play out:行動に表す、最後まで演じる[戦う]/〔綱などを〕たぐり出す/尽きる、疲れ果てる/展開する

              meanwhile:それと同時に、その一方で

               

              引用元:英辞郎 on the WEB

              ---------------

               

              ちなみにインタビューの内容も面白いです。Taylor Swiftは、middle school時代、人気ではなく、辛い思いをしたようです。以前ご紹介した、英語の子供向け小説"Wonder"”Auggie&Me"を読んで感動された方は、共感する内容かもしれないですので、こちらのTalor Swiftインタビュー、よかったら読む or 聞いてみてくださいね。

               

              ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

              にほんブログ村 英語ブログへ
              にほんブログ村

              2016.11.09 Wednesday

              "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】Taylor Swiftインタビューより

              0

                おはようございます。Lydiaです。

                 

                さっそくですが、今日は、アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオネットワークNPR musicの2014年に行われたTaylor Swiftのインタビュー、"'Anything That Connects': A Conversation With Taylor Swift"から、"パス単" 1級&準1級掲載単語をピックアップして、いつものリスト"パス単"1級&準1級掲載単語リスト"を更新しました(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

                 

                インタビューのスクリプトはウェブで確認できます。この原稿をロングバージョンとすると、8分51秒のショートバージョンの音声がインタビューページのPC版であれば、左側「Download」をクリックすると聴けます。つまり、ロングバージョンのインタビュースクリプトから、かいつまんだものが音源で聴けます。ロングバージョンの音源も聴けるはずなのですが、私のPCが壊れているのか確認できませんでしたので、気になったらお手数ですがご自身でチェックしてみてください。

                 

                "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら


                このTaylor Swiftのインタビューの中で、Lydiaのお気に入りは、1番最後の方のTaylorの挨拶部分です。

                Thank you; it's been good to talk to you, too. Tell your daughter hey for me.

                 

                引用元:npr music 'Anything That Connects': A Conversation With Taylor Swift

                と彼女は言うのですが、この"Tell your daugeter hey for me."がカッコいいな、と思いました。英語自体を好きじゃない私がなんとなくカッコいいと思った、ということが自分自身で驚きなので、どうしてもシェアさせていただきたく、このブログ記事を書いています。

                 

                よく教材で見かけるのは、"Please say hello to your family for me."などでしょうか。DUO3.0にもありました。"hello"の部分が"hi"になって、

                "Take care of yourself and say hi to your family for me." "I will. See you later."

                「じゃあね。家族のみんなによろしく。」「ああ。またね。」

                 

                引用元:DUO3.0 例文

                とありました。

                 

                "hello"の部分が"hi"だとか、"hey"だとか、細かな違いですが、気付くと面白いですね。

                 

                では、最後にもう一度、更新した"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちらです。

                 

                ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

                にほんブログ村 英語ブログへ
                にほんブログ村

                2016.09.22 Thursday

                英検1級合格&英語上級者へ。スピーキングも語彙力も"意識的に"伸ばす

                0

                  JUGEMテーマ:英検1級合格めざせ!

                  おはようございます。Lydiaです。

                   

                  昨日は、"暗記暗唱ってそんなにスピーキングに効果があるの?"という長めのブログ記事を書きました。今日は、語彙力について思ったことを書きたいと思います。

                   

                  昨日お伝えしたかったのは、暗記暗唱トレーニングはとても大切だけど、これは型の仕入れ、で、意識的に使わなきゃ、スピーキングで使える、という状態にはなれない、↓ということです。

                  暗記暗唱は、やっぱり、"型の仕入れ"、ですね!

                   

                  型の仕入れはとても大切です。SVOなど英語の語順を身体に叩き込む、意味でも、とても大切です。いろいろな表現を仕入れる意味でも、とてもとても大切です。

                   

                  でも、使えなきゃ意味ないんですよね。

                   

                  型の仕入れをしたものは、意識的に普段の会話に使う、自分のものとしてアレンジするなどしてでも使う、ことが大切です。それで使い慣れていないと、いくら暗記暗唱してもその努力が報われません。

                   

                  今日はまたここで、"意識的に"というのが大切だということを強調させていただきます。

                   

                  語彙力も同じです。

                   

                  語彙力を伸ばすには、意識的に取り組む必要があります。覚えるのが辛いから、といって多くの人が単語学習を後回しにしていると思います。でも、真剣に取り組めば、「単語を覚えられない」なんていうことがあるわけはないのです。

                   

                  もちろん忘れます、覚えたそばから忘れてしまうことも多いです・・・。が、「単語を覚えられない」というのとは違います。

                   

                  母国語の日本語だって、赤ちゃんの頃から耳から入ってきて、お母さんや家族から毎日まいにち教えてもらって、だんだんとしゃべれるようになってきて。でも大人同士の話には入れなかったりすることはあって。それでも、学校で、国語の教科書を教室で音読させられたりして、また、難しい用語は教科書に解説があったり、辞書で調べたりして。とくに漢字なんて、無限、と思えるような数が存在して、それでも漢字書き取り帳を使って、何度もなんども練習したり。テストがあって間違えて。それが実践で出てきてやっと覚えて。・・・と、そうこうしながら、長い時間をかけて、やっと日本語を覚えてきました、よね?

                  英語を勉強する、となると、その過程を忘れてしまう人が多いような気がします。Lydiaもそうでした。

                   

                  赤ちゃんの頃から日本語環境にいても、日本語を理解するのにこんなに努力が必要だったのに、何年もなんねんもかかったのに、英語は簡単に覚えられる?そんなわけはないです。

                   

                  でも、取り組み続ければ、絶対に前進するのです。3歩進んで2歩下がる、という感じで、後退もするけれど、少しずつ前進します。

                   

                  英語は、とくに大人になってからの英語学習は、日本語よりも大変なのは当たり前。自然に覚えていくなんて待っていたら、いつになるか分からない。Lydiaの場合、人と比べて物覚えが悪いので、単語学習は、泥の沼地をボートでこぐような辛さがありますが、それでも"意識的に"続けていこうと思います。

                   

                  ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

                  にほんブログ村 英語ブログへ
                  にほんブログ村

                  2016.09.05 Monday

                  英検準1級でる順パス単。"準"1級への英検1級合格後の取組み

                  0

                    こんにちは。Lydiaです。

                     

                    以前、2016/8/6の記事、"英検1級合格までにやったこと。英検準1級でる順パス単。"準"1級です"、で、"パス単"準1への取組みをご紹介しました。しかし、本日、その記事自体を間違えて上書きしてしまったようです・・・。ショック・・・。こういう失敗、ブロガーあるある、かもしれないですね。あぁ、せっかく、"パス単"準1への取組みを詳しく書いていたのに・・・。

                     

                    ブログ記事、Lydiaは今のところ毎日アップしています。とくに毎日更新する、と決めているわけではないのですが、お休みのときなどにアイディアを考えたり、少し書き溜めたりして、出来上がったら寝かさずすぐにアップしているので、今のところ、毎日連続投稿です。

                     

                    ただ、今日は、だいたい記事が出来上がっていたのですが、間違えて前の記事に上書きする、という失敗をして、ショックのあまり更新タイミングが遅くなりました。やっちまったー・・・って感じです。でも、いつまでもクヨクヨしてもしょうがないので、本題に入ります!

                     

                    さて、以前の"パス単"準1への取組みについての以前の記事で、下記のように書きました。

                    復習:現在は、1日5分〜15分のみ。"パス単"準1級アプリを併用して(英→日、読み上げモード)、毎日100個ずつテスト(6分弱かかる)。そしてミスを暗記。つまり、<1.英語を見て日本語和訳が分からないものにチェック→2.暗記→覚えつつ何周も1と2を繰り返す>の基本セットの繰り返し。

                     

                    目標:英語を見て日本語が約1秒以内に言えるようにする。それが90%できるようになったら、よりハード&パワフルだけど効果的な方法、英語を"聞いて"(見て、でなく、聞いて)日本語が約1秒以内に言えるようにすることを目標にする予定。

                    今夜は、この取組みについて、少し振り返り、今後どうするかを書きたいと思います。

                     

                    ---------------

                    ■Lydiaの"パス単"準1への取組みへの振り返りと今後の予定

                    毎日100個ずつテストをしていて、気付いたのは、思っていたより、英語を見て日本語が約1秒以内に言う、ということができなかったこと。単語帳にランダムに並んでいる英単語をすぐに訳して日本語を言う、というのは結構難しい・・・。"パス単"1級でも同じような方法を採用しているので、難しいのは分かってはいるのだが・・・。準1級ならもうちょっとできると思っていた・・・。

                     

                    それから、8/27(土)に、毎日100個ずつのテストが1周終わったのを区切りに、復習の方法を変えていくことにした。目標は変えないが、まずは1周テストした中で、間違えたものを集中的に暗記することに。1日15分程度は確保したいが、難しいので恐らく10分。

                     

                    曜日別で暗記範囲を決めて、進み具合で、いつどこを覚えるかなどを調整していく。英語を見て日本語が約1秒以内に言えるようにする、ということが90%できるようになるのは難しそうなので、そこにこだわるのはやめる。が、いずれにせよ、意識的に覚えようとして暗記していく作業、をミスに関してやっていく。

                    ---------------

                    日・月・火:Aのミス

                    水・木・金・土:Bのミス

                    *Cのミスについては、ある程度AとBができるようになったら手をつける。

                    ---------------

                     

                    ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

                    にほんブログ村 英語ブログへ
                    にほんブログ村

                    2016.09.02 Friday

                    単語暗記は順調ですか? "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】

                    0

                      JUGEMテーマ:英検1級合格めざせ!

                      おはようございます。Lydiaです。

                       

                      英検1級一次試験10/9(日)まで、もうあと37日ですね!単語暗記は、順調ですか?"パス単"1級に記載のある、"でる度C”までは、全然間に合わない、という場合、"パス単"1級"でる度A"だけ攻略でも、人によってはもの凄く効力を発揮すると思います。でも、本当に個人の学習状況によるので一概には言えませんが・・・。

                      さて、先月から、子供向けの小説、"The Fourteenth Goldfish"を読んでいて、小説内で見つけた、英検1級レベルの単語のチェックを少しずつ進めています。そこでまた、"パス単"1級&準1級掲載単語リストを更新しました(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

                      洋書"The Fourteenth Goldfish"については、以前の記事、2016/8/20"英検1級合格までにやったこと。"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】"で少し詳しく書いています。私なりのお気に入りの洋書の楽しみ方(ペーパーバック、audiobook、Kindle版それぞれ)なども書いていますので、よかったらご覧ください。

                       

                      "The Fourteenth Goldfish"からの"パス単"1級&準1級掲載単語チェック、はまだまだ続くので、これからまた更新し次第、ブログ記事にてお知らせします。

                       

                      "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら

                       

                      では、今日は金曜日。明日はお休みなので、長めのブログ記事を更新しようと思います。1日、頑張りましょう。

                       

                      ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

                      にほんブログ村 英語ブログへ
                      にほんブログ村

                      2016.08.20 Saturday

                      英検1級合格までにやったこと。"パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】

                      0

                        こんにちは。Lydiaです。

                         

                        "The Fourteenth Goldfish"面白いです!あ、失礼しました、いきなり。

                        Lydiaの今のお気に入り洋書3冊は、"Wonder"、"Auggie & Me"とこれ、"The Fourteenth Goldfish"です。今、1冊選べって言われたら、The Fourteenth Goldfishかも!(上記リンクはKindle版です。念のため)

                        どれも子供向けの小説で、Wonderが11才ぐらいを対象とするとThe Fourteenth Goldfishは8才ぐらいのようです。が、とっても面白いです。大人でも楽しめます。基本的にはプレーンな英語で書かれていて、単語もシンプルです。でも、英検1級レベルの単語もたっくさん見つけました!なので、いつくかチェックして、"パス単"1級&準1級掲載単語リストを更新しました(どの単語が何に載っていたのかなどを、私が少しずつ入力しているリストです)。

                         

                        "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら

                         

                        さて、この本、The Fourteenth Goldfish。日本版の商品紹介には、「全米ベストセラー。ニューヨークタイムズ・ベストセラーBOOK、Amazon.comベストブック・オブ・ザ・イヤー2014(9歳~12歳)」とあります。大人気ですね。でも、その後に続く内容紹介文がいまいち・・・。たしかに間違ってないし、正しく説明されているのですが、最初は面白そうに感じませんでした。「大人も楽しく読めるお話です」とも書いてありますが、なんだか紹介文からはそう思えませんでした。

                         

                        でも、iTunesでaudiobookのプレビューを聞いて、すぐ購入を決めました!聞いてもかなり分かる感じのプレーンな英語で、登場人物の会話も多く、その部分は、英会話にも使える!と思って。

                         

                        ペーパーバック、Kindle版、audiobookとThe Fourteenth Goldfishを3種類買って、利用し分けています。下記、日本語版の購入は、どうしようかな、と迷っています。なんだか表紙の絵がちょっとイメージと違うので・・・。

                        日本語版を買うかどうかは置いておくとして。とにかく、この本、ストーリーに一切無駄がないです。主人公の生活がありありと表現されていて、冒険もあるけれどただの冒険物語じゃない、人生において、振り返ってばかりいないで、前に進むことの大事さを改めて教えてもらいました。科学にあまり興味のない私が、読んでいるうちに主人公のエリーになった気持ちで、科学について考えていました。そしてこの本の題材は、読んでいただければ分かりますが、英検1級の二次試験にありそうな感じ。いろいろな意味で興味深いですね。

                         

                        では、下記に、私流の楽しみ方を記載します。

                         

                        --------------

                        ■Lydiaの英検1級&英語上級者になる方法。お気に入り洋書"The Fourteenth Goldfish"の楽しみ方

                         

                        ペーパーバック:お風呂の中で読む / 分からない単語にマーカーを引く / 調べた単語の意味を下の余白に書く / 調べた発音記号を上の余白に書く

                        audiobook  :audiobookを聞きながら、ペーパーバックを同時に読む / コピーする / シャドーイングする / 聞き流す

                        Kindle版   :内蔵ライト利用で、寝る前にベッドの中で読む

                         

                        “パス単"1級単語を定着させる、英会話、発音向上、この3つのために、毎日この本に触れている。上記流れの中で、英検1級レベルの単語を見つけたらチェックし、"パス単"1級で確認。ついでに"パス単"準1級単語もチェック。表現の中には、簡単だが分からないものもある。けれど、ストーリーは難なく追えて楽しめる。

                         

                        子供向けの小説、といっても、意外と難しくて、また内容がつまらないなど、何冊も読むのを挫折してきたLydiaだが、これは面白い!英文レベルは、英検1級合格者にとっては、簡単、と言えるだろう。英検準1級レベルでも、スイスイ読めるハズ。それより下のレベルでも楽しめると思う。でも、英検1級単語もかなり出てくるので、ぜひ英検1級目指す方や合格者にも読んでほしい。きっと気に入ると思う。

                        --------------

                         

                        下記、更新したリストもよかったらご覧ください。まだ"The Fourteenth Goldfish"からも"パス単"1級&準1級掲載単語を少ししかチェックできていないので、これからまた更新し次第、ブログ記事にてお知らせする予定です。

                         

                        "パス単"1級&準1級掲載単語リスト【更新】へのリンクはこちら

                         

                        ★ブログランキングに参加しました!よかったらクリックお願いします。★

                        にほんブログ村 英語ブログへ
                        にほんブログ村

                        PR
                        ★JDH出演録音(Junさんと英語で話しています)

                        ・2016/7/10英検1級二次試験受験(英検1級合格)後、約7ヶ月の時点のスピーキングです。新TOEICは915点。TOEIC990点、英検1級10回以上合格、のJunさんと英語学習方法などを話しています。

                        ★英検1級合格プロジェクト実施

                        ・英検1級各種トレーニングスケジュール

                        ・"パス単"1級&準1級掲載単語リスト

                        ★英検1級合格トレーニング方法

                        ・英検1級合格リスニング過去問Part2 シャドーイングトレーニング

                        ・英検1級合格エッセイライティングトレーニング(1)ミニ模試

                        ・英検1級合格エッセイライティングトレーニング(2)3分メモ

                        ・英検1級合格二次スピーチトレーニング方法

                        ・英検1級合格レベル"独り言英会話"トレーニング

                        ◎日本人発音の矯正方法 人気記事

                        ・英語上級者でも知らない英語ネイティブ発音へのコツ人気記事一覧【完全保存版】

                        ◎英検1級合格ノウハウ本(Lydiaインタビューも掲載)
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        • 英検1級過去問Part.2利用シャドーイングトレーニングで1級合格
                          ands (08/18)
                        • 1/21(日) 英語&中国語スクールのチームで中国語アフレコ大会に出場。求む!応援。
                          高橋 (03/03)
                        • 英検1級合格後、今も復習し続けている単語教材。CD付 英検1級 文で覚える単熟語
                          山田 (10/03)
                        • Lydiaの2017年の語学関連の目標「心と身体の健康維持・英語・中国語」振り返り
                          MATSU (01/20)
                        • 2018年の語学関連の目標。時には走って、時には休んで。2018年も目標達成を目指す!
                          Lydia (01/04)
                        • 2018年の語学関連の目標。時には走って、時には休んで。2018年も目標達成を目指す!
                          Never give up (01/02)
                        • Lydiaの2017年の語学関連の目標「心と身体の健康維持・英語・中国語」振り返り
                          Lydia (01/02)
                        • Lydiaの2017年の語学関連の目標「心と身体の健康維持・英語・中国語」振り返り
                          MATSU (12/30)
                        • 2018年の語学関連の目標。時には走って、時には休んで。2018年も目標達成を目指す!
                          Lydia (12/26)
                        • 2018年の語学関連の目標。時には走って、時には休んで。2018年も目標達成を目指す!
                          Never give up (12/25)
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM